YouTubeチャンネルのアルゴリズムを壊す、地味だけど悪夢のような嫌がらせを受ける日々

YouTubeチャンネルのアルゴリズムを壊す、地味だけど悪夢のような嫌がらせを受ける日々

さて、前の記事で少し触れた通りですが僕のYouTubeチャンネルは登録者や再生回数が伸びないように執拗な妨害を受けています。

 

 

 

 

コレはかなり稀な事例だと思うので嫌がらせを受けている他の方々の参考になるかどうかは微妙なところですが、僕自身理解や協力を頂きたいというのがまずあるので最後までお付き合い頂けたら嬉しいです。

 

まず現状何をされているのかを先にハッキリさせておきますと、ある個人によって大量のアカウントを使って僕の公開直後の動画を表示させてはほぼ見ずに(恐らく数秒ほど?)消すという行為をかなり長い間、ほぼ全ての動画に対してやられています。

 

今やられているのはそれだけです。

 

はぁ?

 

だから何?

 

って思われる方がほとんどと思います。

 

しかしこれがまさに悪夢のような嫌がらせなんです。

 

 

これがどういうことなのかをこれまでの経緯とともに説明させてください。

恐らく長文になりますが、気にとめていただいたならご容赦ください。是非読んでください。お願いします。

 

 

僕の(我が家の)チャンネルはたいにぃたいtinythaiというチャンネルでタイのバンコク在住なので現地での日常を題材に主にvlogを中心に動画更新しています。

 

始めてからもう3年を過ぎましたが、始めてしばらくしてよく分かったのが、チャンネルとしては伸びにくい条件下でやっているという事実でした。

もう50になるオジサンですし、一緒にいる時は動画に出てくれてる奥さんも当然オバサン。

投稿頻度は週一回程度。

タイの役立つ情報などを発信しているわけでもなく自分たちの日常だけを取り扱ってます。

トレンドやトレンドキーワードなども敢えて避けていますので今どきそんななんの取り柄も無いチャンネルが注目される要素はほとんどないのです。

 

はなっから何十万人の登録者数を目指すつもりはなく、売れない状況もちゃんと自覚していますので「俺のチャンネルはもっと伸びるはずだ!伸びないのは誰かのせいだ!」といった世迷言を言っているわけではないことをご理解くださいw

 

地道に続けて行こうと思ってやってきました。

 

かなり成長は遅かったですが少しずつ登録者数も再生回数も増えてきて、どうにかこうにか1年で300人前後の方に登録してもらえました。

 

この頃からですね。何か違和感を感じたのは。

 

低評価を度々押されていたのですが、ある時期ずーっと同じ数の低評価が数ヶ月に渡って続いていることに気がついたんです。

それ以前の動画への低評価はほぼゼロ。

チャンネルが認知されてくると低評価というのは付きものだとわかっていたので最初は気にもとめていなかったんですが、流石に同じ数の低評価が何ヶ月も続くと(しかも公開直後の初動の段階で必ず)あー、これは同一人物のしわざかも知れないと思わざるを得ませんでした。

僕はこのブログでもSNSでも動画内でも歯に衣着せぬ物言いをしますので、そういうことが気に障った誰かかも知れないと思いました。それは仕方のないことです。

 

そのうち誹謗中傷とまでは言いませんが、いわれのないような難癖をつけるコメントがチラホラ。。。

 

何度か同じ人が繰り返しそういうコメントをくれたことがありますが、僕は(対応としてはよくないですが)全く怯まず(後ろめたいことも気後れすることもなにもないので)堂々とそういうコメントには反応します。

 

そういったことが原因になったのかも知れませんが、そのいつも同じ数の低評価が増えて、また一定数を保ちました。

 

この段階でやられていたことは低評価だけ押して、もしくはコメントでイチャモンだけ付けてろくに見ずに動画を消すという感じです。

 

それによって何が起こるのかと言うと、YouTubeからの評価が下がります。

特に登録者数も再生回数も元々少ない、まだ立ち上がっていないチャンネルにとってはこれは大きく影響します。

 

チャンネルのアルゴリズムは崩れました。

インプレッション数が極端に減り、再生回数もそれに応じて減りました。

 

元々厳しいのは覚悟で地道に積み重ねてきましたが、諦めて趣味として本当に好き勝手にデタラメに動画をつくるようになりました。

 

その頃に上げた動画の中で今までされていた嫌がらせに苦言を言ったものがあるんですが、僕はそこでなにが起こったかの種明かしをしてしまいました。

 

僕がそこで言った一部と同時期にtwitterでつぶやいた内容を要約すると、

低評価は何も反応がないよりプラスになる。

低評価やコメントでの誹謗中傷などは犯人特定の可能性に繋がる

動画をほとんど見ずに閉じられることが公開直後の初動で大量に続くとYouTubeのアルゴリズムの指標の1つである視聴維持率というものが極端に下り、おすすめなどに表示されなくなる(インプレッションされなくなる)

 

 

つまり僕はこれを犯人に教えてしまったんです。

こんなのは調べればわかることですし、ここまで言ったら犯人もやってる行為が情けなくてやめるだろうとも思っていました。

 

いずれにしても、その頃はもうどうでも良かったです。

本当に大好きでやっていた動画を諦めたわけですから。

抜け殻の様でした。

 

でもそれまで空いた時間のすべてを動画に費やしてきたので他に出来ることや副業なんかもすぐに思いつくわけも無く、やっぱり好きだから何かしら動画を撮るんですねw

 

その頃に何故か瀬戸弘司さんの動画に勇気付けられて、もう一回やってみたい!

 

となったわけです。

 

でもチャンネルの動画は内容もグチャグチャだしアルゴリズムは崩されてしまったものを更に自分で崩してしまった。

ならチャンネルを新たに立ち上げようということで今のチャンネルを始めました。

まっさらの状態からやればいいじゃないってことです。

 

前のチャンネルから移って来てくれた人達もいて相変わらず歩みは遅くともまた1から積み上げていける実感はありました。

とは言え根本的な方針を変えるつもりは無く、よくある商業主義的なYouTubeの流れには反旗を翻すようなところが僕にはあるのでまさに茨の道であることは覚悟しました。

 

余談ですがチャンネルのロゴデザインは茨に囲まれても蓮の華を咲かせるというつもりで出来たものです。

 

さて僕が辞めるのやっぱり辞めますとなってから例の犯人はというと。。。

 

やっぱりやってきましたw

 

 

で、今度はですね。

低評価も押しませんし(これは犯人かどうかは別として)難くせ的なコメントも入りません。

ただただ視聴せずに消すを複数アカウントで動画公開直後に大量に欠かさず行っています。

 

コレね。ここまで読んだ人もそうでしょうし、掲示板に書かれたりもしましたが「被害妄想」「逆恨み」と思った人が多いんじゃないでしょうかw?

 

だってそんな気がするだけでしょ?

根拠はないんでしょ?

単に動画が面白くないだけじゃん?

 

って感じではないでしょうか。

だから厄介なのです。

 

自分自身そう疑い続けました。

これは病みますw

 

先にも言った通り、低評価や誹謗中傷があれば対処できる可能性があります。

そういう被害にあっている人は覚えておいて下さい。

 

かなり条件や手続きはややこしいですし場合によっては費用がかかりますが、あなたが被害にあっていることを証明できればアクセスしている人達の一部のIPを開示請求できます。(弁護士を通す必要があるかも知れません)

 

そして犯人のアクセスしたであろう時間やタイミングと照らし合わせて特定していき、疑わしいIPに対して調べたり監視してもらったりすることができます。

だからあまりに酷いことをされているなら打つ手がゼロではないことを覚えておいて下さい。

 

しかしながら僕の場合は特例です。

なんせ目に見えるかたちでは被害を受けてないんですから。パッと動画を開いてみたけど思ってたのと違ったってスグ閉じるなんてことは僕にでもあります。誰でもすることですしやっていいことです。

 

ずーっと自分自身や動画を客観的にみて疑い続けたからこそ「何かをやられている」という確信に至った理由をお話しします。

 

とにかく特定個人から嫌がらせを受けているのではないかという懸念があったのでまずはあぶり出すことを意識しました。

 

どうやらtwitterなんかも覗かれていると思われたので動画だけでなくtwitterでも「煽り」ました。

 

例えば一時期低評価もプラスになるという内容の旨をばらまいたりするとその途端に低評価が消えたり、登録者がちょっと減ったな?と思ってアナリティクスをよく見るとそれまでついていた低評価が複数の動画に渡って消えていたりしました。(こういうしつこい行為が目立つアカウントはYouTubeからBANされるからです。消えたアカウントごと低評価も消えます)

 

それからまた低評価が付いたりしましたが、IPを特定できるぞ?とtwitterなどで発言した途端に低評価もほとんど付かなくなりました。

 

ではそれ以外にやられていることをどうやって判別できるのかというと、これはもう毎回のアナリティクスのデータがたよりです。

YouTube Studioにはタイムラグがかなりあるのでその精査は難しいんですが、100本以上の動画で欠かさずやられているので毎回注意してチェックしていればそのパターンからやられていることの大体が掴めてきます。

 

僕のチャンネルの動画は作り方も地味ですしトレンドを狙ってバズらせようとしてる動画も基本的にないです。

ただその中でも差はあって、他の動画よりも需要がありそうなものとか、人目を引きそうなものとかがたまに混じってたりします。

短い動画もありますし、20分を超える長い動画もあります。

で、

ここがハッキリとわかるポイントなんですが、公開直後の初動(当日〜翌日あたり)において視聴維持率が50%を超えることが無いのです。

どんなに短い動画でも同じです。

これは1番大きな判断材料です。

わかりますでしょうか?

 

もっと規模の大きなチャンネルでは当てはまらないことなんですが、僕のチャンネルのようにまだ立ち上がっていない登録者数百人で長いことやってるチャンネルだと動画を公開直後にその動画が公開されたことを目にして知ることが出来るのは一部のチャンネル登録者とチャンネルの動画を見たことがある人たちだけなんです。

 

YouTubeがそういう仕様なのです。

そりゃあそうです。人気になるのか伸びるのか分からない、もしくはその可能性が低いと位置付けているチャンネルが動画を公開したって表示出来るスペースは限られているからまた見る可能性のある登録者やリピーターになる見込客にだけインプレッションします。

そこでまず様子を見るわけです。

そこでリピーターが新しい動画も最後まで楽しんで見たことを数字で認識してそのパーセンテージによってさらにインプレッションを拡げていくという仕組みです。

 

ということはですよ。

 

僕のチャンネルのように本当に限られた人達にしか初動でインプレッションされないのだとしたら、普通はその人達はかなり僕にとって優良な視聴者ということになります。

当たり前のことなんですが、初動では定期的に更新をして多少なりとも登録者をもっているチャンネルならかなり視聴維持率というのは高いんですね。

高くて当たり前なんです。

低くても普通に50%は軽く超えているところからスタートします。

実際最近だと僕の動画は公開初日にいっても数十回再生です。

で、初動の内になんだかんだで10件前後の高評価が付いたりするのでその人達プラスアルファぐらいは最後まで見てくれていると想定できます。その他の人達も1度は見たことがあるチャンネルの新しい動画が公開されたのを知って少なからず興味を持って動画をわざわざ見始めるんですからほぼ見ないで消すということは割合としてはかなり少ないでしょう。

 

そんな感じで例えば公開直後20回の再生回数があったとします。たったそれだけの回数ならまだ興味を持ってくれる人にしか届いていないのでかなりの視聴維持率のはずです。最低でも50%以上、良ければ80%ぐらいはいって当たり前です。

それから何日も経って色んな人にインプレッションされてやっと動画の視聴維持率の平均値が見えてきます。

 

ところが僕の場合はその再生回数20回の段階ですら視聴維持率は50%以下なのです。

さらに言えば40%〜50%の間です。

つまりザックリ言うと20回の再生回数のうち10回に近い数はほぼ最後まで見ていて残りの10回はほぼ見ないで意図的に動画を閉じています。

一度最後まで見た人がまた1場面だけ見返すという場合はこの視聴維持率を下げません。

 

更にこのことを裏付けるデータとしては最近この初動で50%を下回る状況から初動を過ぎた頃に視聴維持率が上がるという結果が出ています。

 

これは正常に稼働しているチャンネルではほぼあり得ないことです。

優秀なチャンネルの優秀な動画なら数日初動の視聴維持率を維持して緩やかに下がっていったりはしますが、初動の視聴維持率よりもその後で上がるということは考えにくいことです。

 

そしてそのパターンが毎回なら尚更です。

 

しかし一旦低いパーセンテージになってからそのパーセンテージを上げるのはかなり難しいのです。

 

最初の20回が50回、100回と再生される頃にはもう大して視聴維持率を上げられません。

 

まず一度50%以下まで下げられた視聴維持率を上げるためには数人が最後まで見てくれても僅か数パーセントも上がりません。

ですがインプレッションされる対象は拡がります。

つまり「興味があるであろう人達」ではなく「興味があるかも知れない人達」へと移行していくので当然視聴維持率は徐々に下がっていきます。

 

そして毎回毎回初動から50%以下の視聴維持率を繰り返しているとYouTubeのアルゴリズムはこのチャンネルの動画はリピーターにすらまともに見てもらえてないから根本的につまらないと判断します。

 

僕の動画は公開直後の2〜3日だとインプレッションされるのは数百件、登録者数とあまり変わらない程度です。

そしてそれを過ぎると、先日などは公開から4日目のインプレッション数が1日で10件でした。

その頃にはリピーター以外にも対象が拡がっています。僕の動画を知らない10人にパッと一瞬表示されたところで何人がそれをわざわざ見ます?

僕なら多分見ません。見る確率はメチャクチャ低いです。

結果その日にその動画を見てくれた人は0人でした。

 

もう1つ挙げるとすれば犯人はいくつかのアカウントで素知らぬタイミングでチャンネル登録しているかも知れません。

 

目的は更新や動向を知る為と、精神的、或いはチャンネルのアルゴリズム的に打撃を受けるであろうタイミングで登録解除するためです。

たまに平日の真っ昼間にほぼ同時というタイミングで複数の登録解除があったりしました。動画公開直後とか、チャンネル自体の動きが無い時にです。

あからさまに怪しい動きです。

自分でも面白いと思えたり、少し視聴者さんの反応が良かったりした動画などで意図的な登録解除が行われていると思える例が時々ありました。これについては確信はないです。

 

ともあれこんな感じで長きに渡って僕のチャンネルのアルゴリズムはボロボロにされています。

 

そしてバンドワゴン効果。僕の場合その逆ですが。

 

チャンネルを始めてもうだいぶ経つのに登録数百人で再生回数は延べて100回そこそこ。

それだけで先入観から多くの人が見ない、もしくは面白く無いものを見る前提で見ます。

見る人の多くは動画そのものよりも数字に影響されがちです。

 

正に最悪の状況。

 

 

さぁ、ここで冷静に考えて見てください。

 

百歩譲ってなんとなく僕のチャンネルが置かれている状況はわかった。でも何故?

ってなりませんw?

 

誹謗中傷するならわかる。いや、その神経自体理解し難いけどそれなら相手の反応もあるし、傷つけてやった、動揺させてやった、ザマァみろ的な満足感がそういう人種には得られるのかもしれない。

 

それとも低評価。目に見えて悪いイメージを与える事ができる。(現在は低評価が非表示になりました)

 

その場で自分がやってやったという痕跡もやられた相手の反応も認識できないのに数年に渡ってただただ大量の「ほぼ見ないで離脱」というデータを僕のチャンネルに蓄積させる為だけにそんなことを毎週欠かさず続ける輩がいるのでしょうか?

 

僕は長い間いわゆるアンチのたぐいのしわざだと思ってきましたし、複数人に嫌われてやられていることだと思っていました。

掲示板に群がる様な連中を動画でこき下ろしたこともありますし、それこそ逆恨みされているのだろうと。

 

でもそういう連中は安全圏にいながら「やってやった」「言ってやった」というものがないと満足しないものです。

 

ただただカタチに見えないそんな地道な作業を絶え間無くやり続けたりはしないでしょう。

 

そうなるとなんとなく答えは二通りです。

 

とにかく僕のチャンネルが成長するのを自分の利害関係からどうしても阻止したい人物のしわざか、完全に狂っていて偏執的に僕に固執してどうしても僕を貶めたい人物のしわざ。

 

前者については考えられません。

僕はなんの力も影響力も持っていませんし、誰かの利害に影響するなんて思う人も居ないでしょう。

 

そうすると後者。

 

少なくともそれ程の恨みを誰かに買うようなことはしてきませんでしたし、相応の恨みならもっと違うアクションを起すでしょう。

 

あ、、、、

 

 

そこで思い当たりました。

 

見当違いの可能性も大きいですが、1人だけ思い当たるのが。

 

 

もう20年前後前の話になりますが、僕がまだ若く、日本に住んでいた頃のことです。

 

アパートの隣人にストーキングされていたことがあります。

ストーキングと言っても完全に引きこもりの様な相手だったのでついて回るのとは違うんですが、隣室から聴かれ、見られ、そうされていることをワザと知らされ、24時間(要するに何時であろうと)ずっとコチラに向かって言っているとしか思えない内容の言葉を投げてきます。

数年に渡りました。

 

警察沙汰にもなりましたが、結局何かされている確証は得られず、盗聴、盗撮の痕跡も見つからず、何も証明できないままうやむやに終わりました。

 

その後僕は住んでいた場所を離れてほぼ何も無くなりましたが完全に終わりはしませんでした。

 

詳しい事情は話せませんが、そいつには僕の動向を知る手段があり、忘れた頃にそいつの存在を思い出させるような事をされてきました。

 

たまたま隣に住んだが為に狂人に取り憑かれたようなものです。

 

バンコクに移り住んで、基本平和で幸せに暮らしてはいますが、その事実も嗅ぎつけられた可能性があります。

 

まぁ日本とタイという距離があるので知られたところで大した実害はない筈なんですが、そいつがこの一連の妨害を行っているとすれば?

 

該当の人物であれば1番合点がいきます。

 

証拠を掴んでいるわけでもないし、その手段は今のところ僕にはないので別の人物なのかも知れませんが、とにかくそうなってくると万事休す。

 

もう移動前のチャンネル同様手遅れな程アルゴリズムが狂っています。

 

できる事と言えばバズを狙うみたいなこと?

 

内容も変えてトレンドを追って女の子や引きの強いものを動画に入れて目立つ為だけのサムネを作って頻繁に更新する?

 

いやいや、そんなことしたくないからやり方を変えずに頑張ってきたんです。やらないです。

 

 

で、打開策があります。

 

YouTube上で広まる機会を奪われているならそれ以外に広めればいい。

 

あまり動画やチャンネルの告知ばかりだとウザがられるとかアンチを刺激するとか思ってこれまではせいぜいtwitterぐらいでその他のSNSは放置に近い状態でしたが、他に方法がないなら仕方がない。

 

自分で拡散しますよ。

僕のSNSがウザいと思われたらお手数ですがミュートしてください。

以前にも出したことがあるのですが、強制的に拡散は出来るのでYouTube広告も出します。

広告で募った登録者さんたちは離脱しやすいというデメリットもあるのですが、そうは言っていられない状況です。

とにかく自力で拡散することと、そしてやり続けること。

 

相手がこれからもずっと張り付いてくるならこっちは結果が出るまで10年でもやり続けます。

地味なやり方ですけどね。

アルゴリズムがどうなろうと届いて欲しい人のところまで届かせればいいんですから。

 

ただ、当の犯人がこの記事を読んでいるなら。

そしてまともな思考能力や客観性を持っているなら言っておきたい。

 

恥を知れ。

第三者の目からその行為、その有様を見たら誰もがその精神を疑う。

それが自分であると知ったほうがいい。

 

まぁ言いたいだけの恨み言はここまでにしましょう。

 

因みに僕のチャンネルを知らずにこの記事を読んでくれた方。

前提として僕の動画はダラダラとしたオジサンと家族のなんでもないvlogですが、面白いです。

 

好みはあるでしょう。

出来ればチャンネルにお越しいただいてどれでも良いから黙って最後まで9本見てください。

 

必ず9本目から面白くなってきますw

 

まぁ、半分冗談ですが半分本気です。

面白くなったらチャンネル登録してください。

 

図々しいですが、まずチャンネルを開くとこからどうか協力お願いします!

 

チャンスをください。

そしたら僕のチャンネルの動画はもっと面白くなります。

 

それからYouTubeチャンネルをやっていて何らかの被害に合われている方。

打開する方法は必ず何処かにありますし、味方も居ます。

 

僕には家族と少ないけれどチャンネルを応援し続けてくれてる視聴者さんたちがいるので折れずにやっていきます。

 

長文お付き合いありがとうございました。