誰がわざわざ行くねん~LASALLE’S AVENUE~

誰がわざわざ行くねん~LASALLE’S  AVENUE~

それ どこですか….

そりゃそーです。ホント何の話ですか?でスミマセン。

育児やらタイの出産やら幼稚園やら…もっと有益な事を書けば良いんですけど…

BTS(バンコク高架鉄道システム)も線路延長がどんどん決まって、開通している昨今

我が家の周りもコンドミニアムや綺麗なアパートメントの建設ラッシュです。

...なので、小洒落た外資系の店舗が入っている商業施設が出来たりしています。

その一つがLASALLE’S AVENUE

 

とは言っても目新しいモノがある訳ではありません(ホントすいません)

入っている お店はKFC・スタバ・ヴィラマーケット・Cafe Amazon その他

逆光で申し訳ない…

 

お寿司屋、ベーカリーなんかも。

どちらも、ちょっとオシャレ

 

それ以外だとツルハドラッグとユニクロが入っています。

そんな中でも有り難いのがコチラ...

正面入口の奥に広がる芝生

 

 

そして子連れに嬉しいのが...

大きい滑り台と遊具

 

足元は砂浜の様な白い砂

 

うちのNちゃんがここで遊ぶ時は、裸足です(笑)

※この遊び場の所に、足を洗える様な水場もあります。

しかし日陰がほぼないので要注意。ツルハドラッグやヴィラマで冷えた水は買えます。

と言う事で、誰がわざわざ行くね~ん!!な所ですが、敢えて

場所と行き方(BTSベーリン駅から しかもソンテウで)

BTSベーリン駅を進行方向 後ろへ下車します。

向かうはスクンヴィットSoi105です(この通りの名前がLasalle)

駅から真下・目の前にサッカーコートが見えるのでソチラ側へ

soi105 の入り口の左側にセブンイレブン

赤い矢印の所がセブンイレブン

 

右側にはLasalleの看板と、インターナショナルスクールの名前が大きく書かれた壁が続きます。

Lasalleの看板

 

この右側の壁沿いを進みます。

すぐ左側にCENTER POINT STUDIOと言う建物が見えて来ます。

CENTER POINT STUDIO
テレビやイベント等の撮影が中で行なわれているようです

 

右側には大きな駐車場があり、それを過ぎると

お米屋さん・カフェスタンド・雑貨屋さん・カフェスタンドと続き

この2つ目のカフェスタンドを越えた所で右に入ります。

雑貨屋さんの次のカフェスタンドを右へ

 

右に入ったら もうソコがソンテウ乗り場になっているので、来るまで待ちましょう。

屋根があってガラーンとしています(笑)
でも鶏の麺とカオマンガイのお店があります

 

ソンテウ(バスも)は結構 頻繁に来ます。

大きな赤いソンテウ

 

こっちは赤いバス

 

ソンテウ・バス共に料金は7バーツ。乗ったら料金回収の車掌さんが来てくれます。

出発しま~す。乗ってる時間は10分ないぐらい。

バンコクの端っこの街並みを眺めて下さいw

少し行くと右に小さなタラートが…

 

2車線の狭い通りでもガンガン行きます

 

暫く走ると道なりに左折し、その後 右折します。すると...

どど~ん!!道が開けます

 

大きな道になりますが、ここもLasalleです。まだまだ進みます。

次の目印は、左側に在る大きなインターナショナルスクール

敷地もめっちゃ大きいです

 

ここを過ぎたら、もう少しです。Soi41を目指します。

Soi41の手前
ココを過ぎると41の看板が在ります

 

 

左側にSoi41の看板

 

この辺りで降りましょう。右手に右折レーンの在る交差点?が在ります。

右折レーンのある交差点

 

LASALLE`S AVENUEは、この交差点を右折した先に在ります。

進行方向・黄色 矢印に対して、右折・緑 矢印の方向へ渡り まっすぐ進みます。

横断歩道は無いです。思い切って渡って下さい

 

トタンの壁沿いを直進して行くと…

 

交差点を渡ってから5分かからないぐらいの距離です。

途中、左に園芸用品屋さんが在ります

 

ここを過ぎたら、

目前にLASALLE`S AVENUEの看板が見えます。

ベーリン駅からの所要時間は20分かからない程だと思います。

帰り道は、来た道を同じ様に戻るか 通りに居るバイタクでベーリン駅まで戻るか・・・

建物を出て左(来た方と逆方向)に ず~っと行くとベーリン通りに出ます。

ベーリン通りにぶつかったら、右折。バイタクで数分でベーリン駅に着きます。

そして最後に...こんなお店も入ってます

saladaとは言え
野菜だけじゃなかったw

 

メニューを見たら、野菜だけでなく肉も魚も(笑) でも行きたい...

(まだ入ってません。スミマセン) 誰か一緒に行って下さい...

 

と言う事で、バンコクの端っこのオアシスでした。

大都会のスクンヴィットに飽きたら、まだまだタイらしさの残る

ギリギリ バンコクのエリアへ如何ですか...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。