タイのローカル生鮮市場の歩き方

タイのローカル生鮮市場の歩き方

どーも、タラート(市場)大好きてーぷです。

お休みだったので少しだけ足を伸ばしてタラートソッド(ตลาดสด)生鮮市場に行ってきました。

 

と言ってもオートーコー市場のような有名な高級生鮮市場ではなく、どの街にもある普通の生鮮市場です。

屋台村のような市場とは違い、肉や魚や野菜といった生鮮食品が中心の大きな市場が各地域ごとにあります。

 

日本人在住者の方々もその存在はなんとなく知っているとは思うんですが、殆ど見ないんですよねw 日本人どころか外国人。

何ででしょう?おそらくそのイメージは臭い汚い不衛生。

 

庶民の台所を支える市場ですよ?しかも値段はスーパーやショッピングモールの半額以下。毎朝新鮮なものが運ばれてきます。

確かに暑い日にむき出しの生ものにハエがタカってたりすると心配なのもわかりますが、スーパーの食品がそれよりはるかに安全なのかというとそれはただの気のせいと言わざるを得ません。

 

市場を見てその土地を知るって面白いですよ。スーパーやショッピングモールはいかにも近代的で、扱う食品も輸入物が多かったり、「今どきの」「流行りモノ」に左右された商品が多くてどの国もどの土地もだんだん変わらない感じの印象になってきています。

でも地元の市場に行くとその土地の人達がどんなものを食べてきたのか、何気なく屋台で食べてるものの正体はなんなのか?どんな人達がどんな様子でそれを売って我々、或いはその土地の人達の胃袋に届いているのか?

 

食べ物は肉体的にも精神的にも人間をつくります。その様子を垣間見れてその土地を理解できる面白い場所が市場なのです。

 

今回は先日のBTSスクムヴィット線延長に先駆け、一年程前に開通したBTSサムローン駅の直下にあるイァムチャルーン市場に行ってきました!

 

いや~ぁ、やっぱ市場は楽しいw

上は「ナムプリックガピ」屋さん。ガビというのはタイのオキアミを塩漬け発酵させたえび味噌のようなもので、唐辛子・ニンニク・ライムなどを混ぜてつくったタレのようなものの一つが「ナムプリックガピ」です。生野菜やカイジャオ(タイオムレツ)などに付けて食べます。

フルーツ山盛りw 乾季が終わって暑季以降になってくると果物屋さんはもっと華やかになります。

おかず屋さん。カレーや炒めものが沢山あります。近頃のおかず一袋の相場は何処も大体40バーツぐらい。

ご存知ですかコレ?奥にもち米の入ったボールが見えます。ただのマンゴー売りではなく「カオニャオマムアン」です。

ココナッツミルクと一緒に甘く作ったやわらかいもち米にカットしたマンゴーを添えて食べます。やたらウマいです。

生け簀に入った魚やナマズ。新鮮そのもの。

ただし生け簀の清潔さなども注意が必要で、生きているから安全というのとは違います。寄生虫などに関しては安心できませんので魚介類、特に淡水魚や淡水に棲む甲殻類などの生食は自己責任でw!

この他、市場に付きものの食堂エリア、乾物屋さんやお米屋さん、服屋さんや雑貨、調味料屋さんなどがビッシリと入ってます。

行ってきた様子をまた動画にしましたので見てください。↓↓↓

 

繁華街やオシャレなカフェや巨大デパートもいいですが、安価でもっとずっと楽しめる場所がすぐそばにいくらでもあります。

旅行の方も在住者の方も、行ったことのない方は一度近くのタラート(市場)覗いてみるのもいいと思いますよw!

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。