無題

NO IMAGE

今年もこの日がやってきた。

結局まだ何も語れない。

 

語るべきことは山ほどある。自分の中には答えがある。

 

でもそれを共有するには片手間では書けない。

 

我々はあそこで試された。そして多くが傷付いた。

 

傷付いたのは単純に自然災害によるものだけではない。だからこそより傷付いた。

 

全く違う出来事だが911と同じ質の何かに揺るがされた。知ってはいるはずの世界の内訳に茫然自失となった。

 

それでも巨大なマシーンは揺るがない。ビクともしなかったわけではない。ビクッとだけした。

それで終わりにしてしまった。

 

巨大なマシーンは今や有機的な質を持って我々に侵食してる。

というか有機的であるべき我々がマシーンを取り込んでいる。楽だからね。

 

マシーンはマシーンだ。日々アップデートするが良い。我々の都合に合わせてね。

 

だが我々はマシーンとは全く質の異なるものであることを明確に自覚するべきだ。

 

あの日のことはそのチャンスとも言えた。

 

その意味で我々はもっとハッキリと有機的でなければいけない。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。